錦糸眼科


錦糸眼科

錦糸眼科の紹介

錦糸眼科 新橋院錦糸眼科はレーシックのパイオニア 屈折治療の専門眼科です
錦糸眼科は近視、遠視、乱視など屈折異常の専門眼科・クリニックとして平成5年に設立され、多くの屈折矯正治療を行ってきました。 近代的な院内には世界でも有数の高性能レーザー機器が装備され、先端レーザーテクノロジーで治療を行うレーシック・クリニックとして、今では広く皆様に認知されています。

あゆみ
1991年 医療互助会をメディカルドラフト会 に変更
1993年 東京都墨田区錦糸町に開院
1995年 医療法人メディカルドラフト会設立
1996年 レーシックを日本で初めて実施
1998年 札幌院 開院
1999年 屈折矯正治療1万症例実施
2000年 大阪院 開院
米国学会でゴールドアワード受賞
2001年 錦糸町本院を新橋に移転
レーゼックを日本で初めて実施
名古屋院および福岡院 開院
2003年 屈折矯正治療2万症例実施
イントラレーシックをアジア圏で初めて実施
イントラレーシックパイオニア賞受賞
2006年 屈折矯正治療3万症例実施
ワールドトップドクター賞受賞
2007年 米国白内障手術学会の角膜屈折部門で最優秀論文賞受賞
2009年 アジア・オセアニア圏における最多症例数を称えTPVHV賞を受賞