レーシックは生命保険・医療費控除の対象になる場合があります


レーシック治療費の負担が減る
可能性があることをご存知ですか?

目安としてはレーシック手術で10万円まで負担される保険に
加入していれば総額数万円※の治療が保険会社から支払われます。
※加入している保険内容によって支払われる金額などに差があります。

お得1生命保険手術給付金の対象です

多くの生命保険、医療保険でレーシックが手術給付金の対象となっています。給付金の対象、金額等は加入している保険の種類や契約内容によって異なります。当院ではお答えすることができませんので、直接保険会社にお問い合わせ下さい。

お問い合わせの際は、正式な手術名称『エキシマレーザー角膜屈折矯正手術』とお伝え下さい。

また、保険会社へ手術給付金の請求をする場合、医師の診断書が必要になります。保険会社で給付金申請用の診断書フォームを用意している場合は、その書類をお取り寄せ下さい。保険会社専用の診断書フォームが無い場合は当院でご用意致します。

※診断書の作成には別途、9,000円(税込)が必要になります。

※日本語以外の診断書には対応できない場合がございます。

お得2医療費控除税金の還付が受けられます

1月~12月までの間にご本人または、ご家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。当院では、手術料金の領収書を発行していますので大切に保管し、確定申告の際にご提出してください。詳しくはお住まいの地域税務署にお問い合わせ下さい。

※領収書の再発行は出来ませんので予めご了承ください。

Comments are closed.